スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み会

11月3日の夕方ぐらいから○○(店名)で飲み会やるから来ませんか?


って感じのメールを送ると、皆快く参加を表明してくれるのだけど



その殆どが趣旨を聞いてくれないので




自分の結婚式の二次会と伝えていない友人が数名。



いっそ当日までのサプライズにでもしておこうか。

スポンサーサイト

心残りが解消される

10数年前のワタシの妹の結婚式の写真には

可愛いドレスを着た、当時3歳の姪1号が写っている。


そのころ影も形もなかった姪2号がその写真を見た時

「姪2号もドレス着たい~~~」と羨ましがっていたので


彼女の母親であるワタシの姉が

「それは(ワタシ)ちゃんに云え!」と

云っていたわけだが


それから数年が経過し、今年5年生の姪2号は、未だに素敵なドレスを着ていない。




ので。



待たせたお詫びに、彼女の見せ場を作ることにした。



ので。



ドレス着ちゃう事にしました。




もともと挙式から披露宴まで和装一着で通そうと思っていたのだけど

かなりの勢いで周囲に

「せっかくだからドレス着た方が良いよ!」攻撃を受けたのと

ドレスを着れば、姪2号に裾持たせて歩いたり、花弁蒔いて先導させたりして
姪2号の見せ場が作れる→→→おめかしさせられる!って気付いたので


背中の毛をそったり、鎧みたいなインナー買う決心がついたわけです。





で、この週末。
とりあえずホテルのドレスルームに行ってみましたが



案の定、即決。


適当に好みを伝えて、勧められたの着て、
そしたら、なんかこれで良いじゃん的な感じになったのを
さすがにやる気なさすぎと反省して
もう2着試して、決めちゃいました。


普通、もっと悩むの?


その後プランナーさんと簡単な打ち合わせした時に

さっきドレス決めました、と話したら


えっ!もう?


と驚かれた上


さすが、かんだまさんですね

と納得された。





お得感

そういえば、先週末に挙式を行う所へ行ってきたんですよ。

挙式の(正式な)申し込みと、実際の式の見学で。


ちなみに、挙式を行うところは、デス。

(華やかさのない、あらかた40なワタシ達らしいと思ってもらえると嬉しい)


チャペルも神前も人前も経験あるけど

仏式ってのは、実際に見たことがないので、あくまで想像でしかなく、数珠の交換するんでしょ?ぐらいしか分ってませんので、かなり期待。


→そんなのに、寺で結婚しようと思うなと突っ込まれるかもしれませんが、まぁ、そんなもんでしょ?と。


まず現地に到着すると、連絡をしてあったせいか担当者のオジサンが出てきてくれて


とりあえず、事務所で事務的な手続きを済ませると

ちょうど式が始まる時間で、式場の方へ案内してもらった。


向かって正面に立派な仏壇があって、その前に左右に分かれて向かい合う形で
親族が座っていました。(神前と同じ配置かな?)

ワタシ達は、その後ろ、仏壇と向かい合うような形で
親族以外の方に混じって、隅っこの方に座らせてもらいました。




太鼓の音に続き、楽が奏でられると新郎新婦が入堂、そして着席。
そのあと上人様が入堂されます。

進行役のお坊さんが、粛々と式を進めます。

以下、オジサンに貰った式次第によると

一、三礼
一、四奉請(散華)
一、表白
一、戒師転座
一、新郎新婦焼香
一、行華焼香
一、清水潅頂
一、懺悔
一、授与三帰三竟
一、授与十念   ←お上人様から色紙を戴くらしい
一、寿珠授与   ←お上人様から戴いた数珠をお互いに着けあってました
一、指輪交換
一、誓しょう交換(三々九度の儀)




(以下省略)



うぉぉぉ雅楽ってカッコいいわ。
特に、笙の音にグッときた。
笙は、その形が鳳凰を模し、その音は「天から差し込む光」と云われているらしいですが、凄く納得。



数珠は別として、指輪の交換とか、新郎新婦が誓詞を朗読したり、三々九度があったりは
他のスタイルとあまり変わらないなぁとか思ったり。
多分、その辺りはニーズに応えてるのかな・・・なんて。


お上人様に続き、新郎新婦が退堂すると、親族紹介が始まって
そのタイミングで、オジサンが写真撮影するところへ案内してくれました。

階段を下りると広い部屋があって、正面に仏壇的な何かと
その前に、集合写真用にイスや踏み台が用意されていた。

オジサン曰く

「あの真ん中にお上人さんに座って貰って撮影します。
お上人さんと一緒に写真なんて、なかなか撮れないので良い記念になりますよ☆」


うぉぉぉなんか凄い!


その後、移動しながら曰く

「式の時に、お上人さんに色紙貰ってましたよね?
式を挙げる方みなさんにお渡ししてますけど
あれも、普通にお願いしたら数万円かかっちゃうんですよ☆」


うぉぉぉお上人様、なんか凄い!お得だ!


つか、オジサン、挙式するって決まってるワタシ達にセールストークする必要あるのか?

それより、なにより、法主を売り物にして、失礼でないか?









下見のつもりが

そういえば、そろそろ結婚指輪とか決めなきゃいけなくね?
確か、式場の人が、オーダーしてから1ヶ月以上かかるって云ってたよ?






と、昼過ぎまでグダグダ寝ていたカタブトリ氏を叩き起して


とりあえず、市場調査をしようと、式場と提携している宝石屋さんへ行ってみた。




ワタシ自身、それほどヒカリモノにこだわりないので、
ブランドはほとんど知らない上に、碌に下調べもしていないので
相場も知らない。

まぁある程度の予算を決めたら、後は色々見て、双方が気に入ったので良いんじゃね?って
ある意味いつもの適当っぷり。



お店に入って、店員さんに「結婚指輪さがしてます」って云ったら
ちょうどフェアをしているとかで、コーナーができてて華やかに飾ってあったので
こりゃタイミングよかったのぅと早速拝見。


で、分ったこと。

①1ヶ月前ではなく、2ヶ月前にはオーダーした方が良い。
→→→つまり、そろそろ決めないと厳しい。→→→ 今日決めちゃう?



②ワタシとカタブトリ氏、指輪の好みが違う


まぁ、シリーズは違っても、ブランドを揃える方もいらっしゃいますよと
親切にアドバイスを頂いたけど、なんつーか

素材だけ揃えれば良いんじゃね?

って気分になった。

それはさすがにカタブトリ氏と店員さんに止められた。




で、結局、京都の某ブランドで決着。

このブランド、指輪のケースが瀬戸物+桐の箱で、和装の式にはぴったり。
これでリングピロー用意しなくても大丈夫!



さて。結婚指輪には刻印が必要?らしいですね。

このブランドは文例がすでに決められていて

① ○ to ●(二人のイニシャル)
② ○ & ●
③・④ 日付 + 上記のイニシャル



①のパターンは、なんだかなぁって感じがしたので

②で良いかなって思ったのだけど・・・


ワタシもカタブトリ氏もイニシャルは同じ M

つまり M & M


・・・なにそれ、チョコレートのおまけ?

3188ESLZQtL__SL500_AA300_.jpg






無難に 日付 + M & M にしました。





引き渡しは 10月10日の予定です。





とか。

先日、ヒマそうな姪2号(5年生)を連れて、スーツを買いに行った。

店員さんに

「披露宴とかに着られるような
ちょっと華やか目なスーツ探してます」

と云ったら、いろいろ見つくろってくれたのだが

「こちらでしたら、披露宴や入学式とかでも大丈夫ですよ」


ああ。子連れだからその対応は当然よね。

姪2号はニヤニヤしているけど、面倒なので誤解を解く気はない。


が、しかし

「最近太っちゃって・・・」的なワタシの言葉に



「出産すれば、体形崩れるのはしかたないですよ」との

優しいフォローは・・・ね?


「まだ、産んでないんですよ・・・」

「えっ?」

「アレ、姪なんです」



ただ・・・

「自分の結納で着る予定です」とは、さすがに云いにくい。



*******




そんな素敵なエピソード付きのスーツを本日着用しまして。


まぁ、結納と云っても略式も略式。

両家の両親の顔合わせの食事会が主な目的。


披露宴予定のホテルに場をも設けて

ちょっぴり儀式めいたことをしてから

歓談とお食事になりまして。


で、感想。


ウチの父、俺様すぎ。
ウチの母、惚けすぎ。

カタブトリ両親は気さくな方々で

そして、カタブトリ氏は・・・

存在感、なさすぎ


→ 食事に集中しすぎ。

何かしゃべれ。

カウンター
プロフィール

かん玉ver.2

Author:かん玉ver.2
長野市在住
あらかた40

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。